10万円借りたい

\今すぐ10万円借りたいなら/

トップページ

「今月お金が足りない…」
「今すぐ借りれるところは?」
「どうしても10万円必要!」


緊急でお金が必要な方へ。

当サイトでは、誰にもバレずに即日融資で10万円を借りる方法について詳しくご紹介しています。今日中に現金が必要な方には、即日借入にも対応している大手キャッシング会社の利用がおすすめです。(※最短1時間融資)

大手の消費者金融なら最短1時間で今日中に借りれます

実は10万円という金額は金融機関にとっては少額で、最短で即日融資を受けることはそう難しくありません。

審査時間こそ最短30分はかかりますが、その他の申込手続きや契約手続きをWebなどで済ませて振込融資を希望すれば、あっという間に借り入れが完了します。
※申し込む時間帯や曜日によっては、翌日以降の取扱いになるケースもあるのでご注意を。

\今すぐ10万円借りれる/
安心の即日融資

24時間365日申し込みOK!
PC・スマホ対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれる
    三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。
  • Web完結で契約できる
    Web申し込みなら全ての手続きがネット上で完了。家族にバレるリスクが他社より低いです。
  • 初めてなら30日間利息0円
    はじめてプロミスを利用する方で、メールアドレス登録とWEB明細利用登録をした方は、30日間無利息でお借り入れが可能です。
  • 免許証だけで借りれる
    借入希望額が50万円以下なら、収入証明書の提出が原則不要です。
  • 派遣・契約社員も借りれる
    派遣社員、契約社員の方はもちろん、学生や主婦でもアルバイトやパートで収入がある20歳以上69歳以下の方ならお金が借りれます。
  • 1,000円単位で借りれる
    限度額に関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます。
  • スマホなら専用アプリが便利
    プロミスのアプリなら今すぐ書類審査の申し込みができます。

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら毎月2,000円と、返済金額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が低く設定されているため、無理なく返済できるので安心です。

即日融資にも対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれる
    お申し込み時間によっては翌日になることも。ご注意ください。
  • 派遣・契約社員も借りれる
    派遣社員、契約社員の方はもちろん、20歳以上の学生や主婦でもアルバイトやパートで収入があるならお金が借りれます。
  • 初回は30日間利息0円

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みを導入。この期間内に返済を行うことで、次回の返済期日が延長されるという仕組みです。返済金額は、借り入れ金額ごとに変動しますが、10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していく形になります。

10万円借りるためのまとめ

今すぐ10万円借りたい方のために、おすすめのカードローンをご紹介しました。

消費者金融の他に、銀行カードローンでも借り入れできますが、10万円だけ借りるなら最大30日間無利息期間のある大手消費者金融を選ぶほうがおすすめです。

プロミスなら最短10秒で振込融資が可能な「瞬フリ」サービスもあり、最短で誰にもバレずにお金を借りることが出来ます。

はじめての借入で不安な方は、公式サイトにて借入可能か3秒で診断できますので、そちらを利用してみることをおすすめします。

10万円借りる方法Q&A

「10万円だけ借りたい」と思う方は多いですよね。こちらでは、今日中に少額借りたいという方が気になっているポイントをQ&A形式でまとめてご紹介しています。良ければ参考にしてみて下さい。

Q.10万円だけ借りたいんですが、利息はどのくらいになりますか?

A.翌月に一括返済すれば、利息0円で借りられる所があります。

大手の消費者金融であれば、初回借入時に限り最大30日間利息0円で借りられるサービスがあります。そちらを利用すれば、翌月一括返済を行なうことで無利息でお金を借りることができますよ。

もちろん分割での返済も可能です。その場合の利息は、毎月1万円の返済なら約1500円。返済が早いほど利息を安く抑えることができます。

Q.今すぐ10万円借りるには、どんな方法が一番早いですか?

A.最短でお金を借りたい方には、即日融資にも対応しているカードローンを選び、ネットから申し込みするのが一番早い借り方です。

大手の消費者金融なら、どこもWeb完結申込ができる上に振込融資も可能となっていますが、中でもプロミスは契約後に最短10秒で振込キャッシングができるサービスもあり、評判を集めています。

三井住友銀行やジャパンネット銀行などの24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちの方なら、プロミスにネット申込した後で瞬フリサービスを利用するのが、一番早くお金を借りれる方法になります。

Q.10万円借りるだけでも、審査は厳しいですか?

A.他社借入がなく、キャッシングが初めての方ならまず問題ありません。

プロミスをはじめ、アイフルも、「20歳以上でなおかつ安定した収入のある方」が申込条件となっています。これは、収入があれば20歳以上の学生やパート勤務の主婦でも、お金を借りることが出来るという事です。

アルバイトやパート収入の方はもちろん、派遣社員や契約社員でも借りれること、10万円という少額融資を希望していることもあり、借入審査はそう厳しくないと思われます。

借入の基礎知識コラム

借金といっても、様々なタイプの借入方法があります。

その中の1つのリボルビング払いとは、毎月前もって指定しておいた一定の額を返していく方式です。

返す計画を立てやすい反面、利息が高くなってしまったり、返すのを終えるまでに時間がなくてはならないという欠点もあります。

一度でもクレジットカードを作った経験のある方なら知っていると思いますが、場合によってクレジットカードにキャッシング機能を付与することができます。

その方法はクレジットカードを作る時に、貸付枠の希望と限度額を申請することで、キャッシング枠を追加できます。

しかし、審査の結果によっては希望通りにいかないことも多く、あくまで年収等の3分の1までしか借り入れることができない総量規制による制限から審査に落ちてしまうことも珍しくありません。

また、クレジットカードのキャッシング枠は、専門のキャッシング業者のキャッシングと比較しても、利率が高めの水準になっています。

クレジットカードにキャッシング枠があれば、わざわざローンカードを申請する必要が無く使い勝手は良いのですが、すぐにクレジット会社に申請するよりも、さまざまな業種のキャッシングサービスを確認してから使い始めた方が、結果的に便利に活用できるはずです。

手軽で簡単に申し込みできるキャッシングですが、申込にはまず、身分証を準備しておいてください。

多くの方が運転免許証を使っていますが、交付されていない場合は健康保険証やパスポートを準備しておきましょう。

なお、全ての書類ではなく、どれでも良いので、一つだけ準備しておいてください。

例えば、免許を持っている人であれば保険証の準備は必要ありません。

あるいは、市役所に行って申請する顔写真付きの住基ネットカード、または個人番号カード(マイナンバーカード)でも利用できるケースもあります。

一般的にどこの金融機関でも、借り入れを行えば返済期日までに借り入れ金額と利息分を支払うことになっています。

万が一、一度でも返済期限を過ぎてしまったり、延滞した場合は、お金を借りた業者から一括で返済するように場合によっては請求されることもあります。

なのでお金を用意するのが難しく支払いが出来ない場合は、予め返済出来ない事を伝えておきましょう。

そのようにしっかり連絡しておけば、急に督促が来ることもなくいつまでにいくら支払えば良いかといった具体的な相談も可能になるでしょう。

返済計画をきちんと立てて、返済期日には間違いなく返済金を支払っている場合、返済実績が作られていきます。

この返済実績があれば、多くの場合、何の問題もなく追加融資を受けられるはずです。

もちろん、返済が滞ったケースや、あまりにも短い間に複数回借り入れた場合は、お金に困っている印象を与えるので、限度額は増やしてもらえないでしょう。

これらは、信用度が落ちる行為だからです。

追加融資ができるのか、その額はどれくらいなのかといった疑問は、業者に問い合わせれば丁寧に答えてくれるでしょう。

しかし、断られているのに、繰り返し電話して増額申請したりすると、追加融資どころかキャッシングが利用できなくなるかもしれません。

何社までキャッシング会社を使っていいのかというのは意外と悩みどころでもあります数多くの融資を受けていると返済が難しくなってしまいますが、どうしても借入したいのなら数社利用しても問題ないと思います。

序々に条件はハードになりますが、審査を通ることができると利用可能です。

あなたのお財布にはローンカードが入っていますか。

不景気のこの時代にあって、利用者はますます増加しているようです。

さてこのカードでお金を借りるとします。

クレジットカードと同様、使える金額の上限は既に決められているので、それぞれの収入に応じて、その3分の1を限度とした貸し付け額を守る、厳しい法律が近年定められたのですが、見落としがちなのは、それが持っているカードの総合計金額になることで、会社は色々あると思いますが、いくつ持っていたとしても利用可能額をを合計してその総額が決まってくるので例外はありません。

実際の話、法改正後全てのカードの利用可能額が減ったことで、混乱も見られたようです。

簡単に説明すると、カードローン契約の件数は規定がないものの、金額で50万円分が返済中の場合、計算は簡単で、年収の3分の1からカードローンなどで借りたお金を差し引くことですぐにわかります。

年収さえ計算できれば、借りられる金額も常に明らかで、金銭感覚の欠如した人にも分かりやすいのではないでしょうか。

もし、生活費をキャッシングするのであれば、キャッシングは必要最低限に留め、余裕を持って返せるような額にしなければ、返済に悩むことも他人事ではなくなります。

例えどんなに少額の生活費と言えど、その積み重ねが命取りになるので、キャッシングにすぐ手を出すのではなく、気を付ける必要があります。

大切なのは、キャッシングに頼る前には必ず、計画的に返済方法を考えてから、利用するようにしましょう。

お役立ち情報

\今すぐ10万円借りたいなら/
おすすめNO.1はプロミス

今すぐ10万円借りるなら↓