10万円借りたい

\今すぐ10万円借りたいなら/

トップページ

「今月お金が足りない…」
「今すぐ借りれるところは?」
「どうしても10万円必要!」


緊急でお金が必要な方へ。

当サイトでは、誰にもバレずに即日融資で10万円を借りる方法について詳しくご紹介しています。今日中に現金が必要な方には、即日借入にも対応している大手キャッシング会社の利用がおすすめです。(※最短1時間融資)

大手の消費者金融なら最短1時間で今日中に借りれます

実は10万円という金額は金融機関にとっては少額で、最短で即日融資を受けることはそう難しくありません。

審査時間こそ最短30分はかかりますが、その他の申込手続きや契約手続きをWebなどで済ませて振込融資を希望すれば、あっという間に借り入れが完了します。
※申し込む時間帯や曜日によっては、翌日以降の取扱いになるケースもあるのでご注意を。

\今すぐ10万円借りれる/
安心の即日融資

24時間365日申し込みOK!
PC・スマホ対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれる
    三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。
  • Web完結で契約できる
    Web申し込みなら全ての手続きがネット上で完了。家族にバレるリスクが他社より低いです。
  • 初めてなら30日間利息0円
    はじめてプロミスを利用する方で、メールアドレス登録とWEB明細利用登録をした方は、30日間無利息でお借り入れが可能です。
  • 免許証だけで借りれる
    借入希望額が50万円以下なら、収入証明書の提出が原則不要です。
  • 派遣・契約社員も借りれる
    派遣社員、契約社員の方はもちろん、学生や主婦でもアルバイトやパートで収入がある20歳以上69歳以下の方ならお金が借りれます。
  • 1,000円単位で借りれる
    限度額に関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます。
  • スマホなら専用アプリが便利
    プロミスのアプリなら今すぐ書類審査の申し込みができます。

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら毎月2,000円と、返済金額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が低く設定されているため、無理なく返済できるので安心です。

即日融資にも対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれる
    お申し込み時間によっては翌日になることも。ご注意ください。
  • 派遣・契約社員も借りれる
    派遣社員、契約社員の方はもちろん、20歳以上の学生や主婦でもアルバイトやパートで収入があるならお金が借りれます。
  • 初回は30日間利息0円

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みを導入。この期間内に返済を行うことで、次回の返済期日が延長されるという仕組みです。返済金額は、借り入れ金額ごとに変動しますが、10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していく形になります。

10万円借りるためのまとめ

今すぐ10万円借りたい方のために、おすすめのカードローンをご紹介しました。

消費者金融の他に、銀行カードローンでも借り入れできますが、10万円だけ借りるなら最大30日間無利息期間のある大手消費者金融を選ぶほうがおすすめです。

プロミスなら最短10秒で振込融資が可能な「瞬フリ」サービスもあり、最短で誰にもバレずにお金を借りることが出来ます。

はじめての借入で不安な方は、公式サイトにて借入可能か3秒で診断できますので、そちらを利用してみることをおすすめします。

10万円借りる方法Q&A

「10万円だけ借りたい」と思う方は多いですよね。こちらでは、今日中に少額借りたいという方が気になっているポイントをQ&A形式でまとめてご紹介しています。良ければ参考にしてみて下さい。

Q.10万円だけ借りたいんですが、利息はどのくらいになりますか?

A.翌月に一括返済すれば、利息0円で借りられる所があります。

大手の消費者金融であれば、初回借入時に限り最大30日間利息0円で借りられるサービスがあります。そちらを利用すれば、翌月一括返済を行なうことで無利息でお金を借りることができますよ。

もちろん分割での返済も可能です。その場合の利息は、毎月1万円の返済なら約1500円。返済が早いほど利息を安く抑えることができます。

Q.今すぐ10万円借りるには、どんな方法が一番早いですか?

A.最短でお金を借りたい方には、即日融資にも対応しているカードローンを選び、ネットから申し込みするのが一番早い借り方です。

大手の消費者金融なら、どこもWeb完結申込ができる上に振込融資も可能となっていますが、中でもプロミスは契約後に最短10秒で振込キャッシングができるサービスもあり、評判を集めています。

三井住友銀行やジャパンネット銀行などの24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちの方なら、プロミスにネット申込した後で瞬フリサービスを利用するのが、一番早くお金を借りれる方法になります。

Q.10万円借りるだけでも、審査は厳しいですか?

A.他社借入がなく、キャッシングが初めての方ならまず問題ありません。

プロミスをはじめ、アイフルも、「20歳以上でなおかつ安定した収入のある方」が申込条件となっています。これは、収入があれば20歳以上の学生やパート勤務の主婦でも、お金を借りることが出来るという事です。

アルバイトやパート収入の方はもちろん、派遣社員や契約社員でも借りれること、10万円という少額融資を希望していることもあり、借入審査はそう厳しくないと思われます。

借入の基礎知識コラム

カードローンやキャッシングなどでは、延滞だけは避けるようにしなければいけません。

元金+利息分+遅延損害金を払う必要があるので損なだけでなく、何度も延滞すると、理由はどうあれいずれブラックリストに登録され、利用停止や新規契約不能という困った事態に陥ってしまいます。

借りるときも便利なキャッシングは返すときも便利で、さまざまな返済方法・窓口が用意されていますから、きちんと期日を守ることが大切です。

返済実績があっても、延滞すると信用を損ねます。

そのことは絶対に頭の中に置いておくようにしましょう。

キャッシングやカードローンの返済が滞ると、程度にもよりますが、最初は電話での「確認とお願い」が来て、いずれカードが使えなくなり、支払いを催促する手紙が自宅へ送られてきます。

開封しない、気づかなかったという言い訳はききません。

無視する状態が続くと、別の会社に債権が移されて、ゆくゆくは裁判ということになります。

裁判になればよほどのことがない限り、債権者が有利です。

延滞したままでいることはできませんから、支払いが遅れそうなときは、借り入れしていた金融業者に連絡することが大事です。

現実的でより良い解決方法を提案してくれることもあります。

とても簡単に借りられますが、支払いが遅れたのは一日だとしても、一日単位で遅滞期間の日数分、遅延損害金といわれる金銭の支払いが生じます。

年利が最大で20%の延滞金を払う義務を負うわけです。

さらに、支払いが滞っていた期間に対した金利も同時に生じるので、長い延滞になればなるほど、みるみるうちに支払金が増えていくのです。

延滞せざるを得ないときはなるべく早いうちに支払いを終えてください。

一般的に現状の借入先以下の金利の会社に借り換えを行うのは、非常に有効な方法でしょう。

また、いくつかの借入先が存在する時には、借り換えで一つにまとめることができるのであれば、その方がいいです。

一本化を行うことによって、一箇所だけの返済で済むので、返済の管理が何よりも簡単になり、なおかつ、借入額が高額になることによってこれまでよりも金利が低くなることも考えられます。

よくあるキャッシングの疑問に、何歳から利用が可能なのかという問題があります。

いまキャッシングを使っていてもよく分らないという人も多いのではないでしょうか。

キャッシングサービスの利用可能年齢ですが、成人を過ぎたら使えるようになります。

そのため、未成年は申し込みできない場合がほとんどです。

このような制限は、キャッシング契約に限られた話ではありません。

例えば、クレジットカードにキャッシング枠を付けることも、成人すれば使うことができます。

ご存知のように、クレジットカードは高校生を除いた18歳以上の方は利用できます。

けれど、現金を貸してもらえるオプションは、20歳を超えないと付けることができません。

個人事業主になったのは数年前からですが、収入では、余裕のある時もあり、そうでないこともよくあります。

ディスプレイにヒビが入り、使い辛くなってしまったため、パソコンが急きょ必要となり、キャッシングの利用を視野に入れています。

審査についてあまり詳しくないので、未知の領域なのですが、アルバイト、正社員以外でも利用できるでしょうか。

銀行や消費者金融などの金融機関から借入金を融資してもらうことをキャッシングといいます。

ちなみに、キャッシング枠がついたクレジットカードを使ってお金を借りる方法も代表的なキャッシング方法のひとつです。

中でも、銀行系以外のキャッシングサービスはノンバンク系キャッシングと呼ばれ、銀行の提供するサービス、いわゆる「銀行系」とは区別されます。

どちらもお金を貸してくれるのだから区別する必要はないのではと思う方もいるかもしれませんが、銀行での借入と銀行以外のキャッシング業者とでは、定められた法律が異なるのです。

どういうことかと言うと、銀行法に従って運営され、サービスを提供しているのが銀行で、ノンバンクの場合は貸金業法が該当します。

雑誌などの中で、自分のクレジットカードのショッピング枠を現金化する、というような話を見かけることが増えていますが、いわゆるキャッシングと同じものだと考える人も少なくないようです。

キャッシングは業者にお金を借りることですが、クレジットカードを使った現金化については、そのカードで換金性の高い商品を買い、それを現金化業者に売ってお金を手にする方法です。

これは法律的に非常にグレーな方法で、カード会社によっては利用停止措置がとられます。

また、現金化で得られたお金とクレジットカードの返済額を考えると、結果的に損したのと変わりませんから、やめておいた方が賢明です。

お役立ち情報

\今すぐ10万円借りたいなら/
おすすめNO.1はプロミス

今すぐ10万円借りるなら↓