10万円借りたい

\今すぐ10万円借りたいなら/

トップページ

「今月お金が足りない…」
「今すぐ借りれるところは?」
「どうしても10万円必要!」


緊急でお金が必要な方へ。

こちらでは、誰にもバレずに即日融資でお金を借りる方法をご紹介しています。今日中に現金が必要な方には、即日借入にも対応している大手キャッシング会社がおすすめです。(※最短1時間融資)

大手の消費者金融なら最短1時間で今日中に借りれます

実は10万円という金額は金融機関にとっては少額で、最短で即日融資を受けることはそう難しくありません。

審査時間こそ最短30分はかかりますが、その他の申込手続きや契約手続きをWebなどで済ませて振込融資を希望すれば、あっという間に借り入れが完了します。
※申し込む時間帯や曜日によっては、翌日以降の取扱いになるケースもあるのでご注意を。

\今すぐ10万円借りれる/
安心の即日融資ランキング

24時間365日申し込みOK
PC・スマホ対応
実質年率0.9%~12.0%
限度額最大1,000万円
審査時間最短30分
収入証明書不要(借入額50万円以下の場合)

みずほ銀行またはソフトバンクとの情報連携により貸付利率(実質年率)を0.1%引下げいたします(最大0.2%引下げ)。貸付利率(実質年率)0.9%については、みずほ銀行ならびにソフトバンクとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。

  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌営業日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートで安定した収入のある方なら借りれます
  • 申し込み前に無料のスコア診断で事前に金利や限度額を判定可能

【返済について】
J.Scoreは、毎月26日の口座振替、Pay-easyや銀行振り込みによる返済に対応しています。残高スライドリボルビング方式で、元金と利息を合わせた毎月の最低ご返済額が、ご利用残高に応じて変動する方式です。例えば、12.0%の年率で5万円を借り入れしている場合は、最低ご返済額は2,000円からとなっています。追加・一括の返済ももちろん可能です。

【必要書類】
J.Scoreは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証をお持ちでない方は本人確認書類としていずれも有効期限内または現在有効な健康保険証、パスポート、個人番号カード(マイナンバーカード)、在留カード、特別永住者証明書をご用意ください。学生の方は、学生証もご提出ください。

最短30分審査で即日融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額800万円
審査時間最短30分
収入証明書不要(借入額50万円以下の場合)
  • 初回は最大30日間無利息
  • Web完結で契約可能
  • 免許証だけで借りれる
  • PC・スマホで今すぐ申し込みOK

【必要書類】
アコムは、運転免許証のみでもすぐに申し込み可能です。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証 など
  • お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。
24時間365日申し込みOK
PC・スマホ対応
実質年率4.5%~17.8%
限度額500万円
審査時間最短30分
収入証明書不要(借入額50万円以下の場合)
  • はじめてなら30日間無利息
    メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をするだけで、30日間利息0円で借り入れできます。
  • Web完結なら最短1時間融資
  • 郵送物なしでWeb完結
  • 大手キャッシング会社で安心

【最短10秒でお借り入れ】
プロミスでは、三井住友銀行またはジャパンネット銀行に口座があれば、「瞬フリ」サービスが利用できます。
「瞬フリ」とは、Web契約完了後に最短10秒で振込融資ができる便利な振込キャッシングサービスです。

【必要書類】
プロミスは、運転免許証のみでも今すぐ申し込みできます。

  • 運転免許証
  • パスポートまたは健康保険証+住民票
  • 在留カード
  • 特別永住証明書 など
来店不要で即日融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
収入証明書不要(借入額50万円以下の場合)
  • カードの配達時間が選べる
  • 初回は30日間利息0円
  • Web完結で契約可能

【必要書類】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐ申し込みできます。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 公的証明書類
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード など

まとめ

今すぐ10万円借りたい方のために、おすすめのカードローンをご紹介しました。

消費者金融の他に、銀行カードローンでも借り入れできますが、10万円だけ借りるなら最大30日間無利息期間のある大手消費者金融を選ぶほうがおすすめです。

プロミスなら最短10秒で振込融資が可能な「瞬フリ」サービスもあり、最短で誰にもバレずにお金を借りることが出来ます。

はじめての借入で不安な方は、公式サイトにて借入可能か3秒で診断できますので、そちらを利用してみることをおすすめします。

10万円借りる方法Q&A

10万円だけ借りたい、と思う方は多いですよね。こちらでは、今日中に少額借りたいという方が気になっているポイントをQ&A形式でまとめてご紹介しています。良ければ参考にしてみて下さい。

Q.10万円だけ借りたいんですが、利息はどのくらいになりますか?

A.翌月に一括返済すれば、利息0円で借りられる所があります。

大手の消費者金融であれば、初回借入時に限り最大30日間利息0円で借りられるサービスがあります。そちらを利用すれば、翌月一括返済を行なうことで無利息でお金を借りることができますよ。

もちろん分割での返済も可能です。その場合の利息は、毎月1万円の返済なら約1500円。返済が早いほど利息を安く抑えることができます。

Q.今すぐ10万円借りるには、どんな方法が一番早いですか?

A.最短でお金を借りたい方には、即日融資にも対応しているカードローンを選び、ネットから申し込みするのが一番早い借り方です。

大手の消費者金融なら、どこもWeb完結申込ができる上に振込融資も可能となっていますが、中でもプロミスは契約後に最短10秒で振込キャッシングができるサービスもあり、評判を集めています。

三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座をお持ちの方なら、プロミスにネット申込した後で瞬フリサービスを利用するのが、一番早くお金を借りれる方法になります。

Q.10万円借りるだけでも、審査は厳しいですか?

A.他社借入がなく、キャッシングが初めての方ならまず問題ありません。

プロミスをはじめ、アコムアイフルともに、「20歳以上でなおかつ安定した収入のある方」が申込条件となっています。これは、収入があれば20歳以上の学生やパート勤務の主婦でも、お金を借りることが出来るという事です。

アルバイトやパート収入の方はもちろん、派遣社員や契約社員でも借りれること、10万円という少額融資を希望していることもあり、借入審査はそう厳しくないと思われます。

10万円借りたい方向けの基礎知識コラム

あまり知られていないのですが、これまでに即日キャッシングを使ったことがないというケースでも、信用情報機関に事故歴アリと登録されてしまう人がいます。

どういうことなのかというと、公共料金や携帯電話、クレジットカードなどの支払期日に間に合わないと、未納として事故扱いになります。この事故歴の情報は、最低でも5年は残りますし、場合によっては10年消えないこともあります。


ですから、自分の身に覚えがないくらい古い滞納が原因で審査に落ちてしまうということも珍しくありません。今後のことを考えて、期日までに支払うよう、気を付けておきましょう。キャッシングを大きく分けると系列企業の銀行が親会社になって取り扱っている商品といわゆる消費者金融などのノンバンク系の即日キャッシングに大別されます。いわゆる銀行系と称される、銀行が提携したサービスの利点を挙げると、総量規制の対象外になります。総量規制とは、融資の金額を年収の3分の1以下にしなければならない規制のことで、主婦の方でも借入することが可能です。



一方で、消費者金融は業者の数がとても多く、サービスが多種多様です。指定された期間内に完済すれば利息が付かないところもあるので、すぐに返せる場合は、こちらを選ぶと良いでしょう。

実際にキャッシングに申し込もうと思っても、審査の内容が気になって躊躇している方もいるのではないでしょうか。審査においては、申請者の社会的地位や収入状況を踏まえ、貸付金が返済可能な水準にあるのかどうかを確認します。申請理由の説明責任はないので、何に使おうと思い通りに活用できます。つまり、返済期限さえ守れば例えば遊ぶための費用や趣味の費用など、遊興費として使っても構いません。しかし、どのような事情があろうと返済日には必ず返済できるようにしておきましょう。

もし払えなければ、利息を含めた返済分に遅延損害金をプラスして返済する必要があります。


キャッシングやカードローンなどの貸金業は、法律によってきちんと管理されています。

例えば数年前の改訂では利率は20%から18%に制限され、それに合わせて業界全体の金利が下がったことがあります。しかし実情としては、利息制限法における上限は18.0%なのが、出資法では29.2%までなら(※登録事業者に限る)、の貸付が可能です。

両者の間には11%もの開きがあるのに違法ではないのは、登録業者だからです。この差11%を指してグレーゾーンとはよく言ったものですね。

電車の車内広告やCMで「過払い金請求」を見かけたことはありませんか。
あれは、グレーゾーン部分の金利を払った人が返してもらおうという、法律の専門家による代行サービスです。
無職であるけれど、毎月、安定して年金をもらえるという年金受給者でも、キャッシングでお金を借りることができるのでしょうか?実際は、年金受給者でも申込OKなところと年金受給者の申請を断っている業者があるようです。


年金受給者の方が実際に即日キャッシングを利用するにあたっては、一つ注意があります。
それは年金受給者対応の即日キャッシング業者の多くが、利用可能年齢を設定しているということです。具体的な年齢上限は、業者ごとに違いますが、低いところでは60歳で借入できなくなりますし、もっとも利用可能年齢が高い業者でも、70歳までに設定されているようです。
どのような金融機関でも、即日キャッシング利用のある人は今利用しているのがどのくらいの金利なのか、それから、今後、利用する可能性がある会社の金利も日頃からチェックしておきましょう。金利が低い会社、金利が低いプランに出会ったら、借り換えを検討してみてください。それで支払額を抑える方が賢明です。

些細な差でも、1年以上の期間で見れば負担の差はかなりのものになります。お金が必要な時に使いたいものといえば、キャッシングでしょう。
無事に審査に通れば、即日キャッシングは日常生活のちょっとした節約にも一役買ってくれるのです。

もし、銀行ATMで時間外に引きだすことが多いという方は、手数料がかからない分、即日キャッシングを使って必要なお金を工面した方が、お得になることも多いのです。



普段からお使いの銀行口座に貸付金を入金してもらえますから、利便性が高いです。

即日キャッシングの利息は日割り計算なので、借りている日数を少なくすればするだけ数円分の利息しかつかないようにもできるので、返済計画をきちんと立てて使うことをおススメします。
即日キャッシングは、貸し付けをおこなっている業者から高くても数十万程度の小さい単位の範囲の中での金額を借り入れするという場合に用いられています。
大体、お金を貸し付けしてもらおうと思ったら家族などが保証人になったり、土地や建物を担保に入れなくてはなりません。

ですが、即日キャッシングは他のローンなどとは異なり、他の人に迷惑をかけるような保証人・担保の準備などは無しでいろいろな手順を踏まなくても申請が可能になります。
公的な本人確認書類を申込時に一緒に出せば、何の問題もなく借金をすることが可能なのです。


キャッシングを利用したことはあっても、借り換えを経験した人は少ないようです。借り換えそのものは珍しくありません。
10万円は少額融資なので、審査はそれほど厳しくないと思われます。



期日までに返済するのが難しい場合、新しくローンを組み、そのお金で、古いほうの債務を一括繰上返済するのです。
借り換えたローンの返済日が次の返済日となるため、返済日を事実上伸ばすことが可能です。借り換えでも審査はあるため、日にちに余裕を持って申し込みたいですね。また、新しい借入の利息が高いこともありますし、長期返済で利息分が増えるといった点を承知しておかなければなりません。


「いま」をとるか「これから」をとるかで、今後の返済計画は大幅に変わってくるはずですから、借り換えをするなら充分に考えてからにしないと、あとで後悔することもあるでしょう。迅速な審査を特長としたカードローンはたくさん聞かれますが、そうした即日融資も可能なカードローンであっても時には審査に24時間以上要することもないではないです。それは求める額が高額な場合、勤め口に在任の確認が取れなかった場合が主でしょう。


融資額についてはやむを得ないとも言えますが、在籍確認の場合、その方法は電話一択にかぎらず、書類の提出によってもOKとしている業者にすれば、審査がもたつくのを防げるでしょう。


10万円借りたい方向けお役立ち情報

\今すぐ10万円借りたいなら/
おすすめNO.1はプロミス

今すぐ10万円借りるなら↓